WAAIの気のままに...

関西のはしくれで育ち北海道に引っ越した、雪と写真が好きな男とNBロードスターとの日々を書いたブログ

早く登れる絶景スポット、八剣山をsmc PENTAX-DA 35mmF2.4ALで撮る。

 こんにちは。

 

  定山渓に行くついでに、八剣山に登りました。八剣山とは、札幌市南区にある、標高498mの山です。

waai-hokkaido-pentax.hatenablog.com

  この前、smc PENTAX-DA 35mmF2.4ALを買いました。それは、この八剣山に登るからで、今回は、その〜、このレンズの写りについてです。

f:id:waai-pentax0702:20150531235051j:plain

PENTAX K-30,smc PENTAX-DA 35mmF2.4AL,1/1000sec,f4.0,ISO400

 手前に写っているのが、私の520(自転車の名前)です。このレンズは、ボケの感じがDA★55よりもしつこくなく、あっさりしています。まぁ、焦点距離の影響が大きんだと思いますが…

 DA★55は、感動的な絵をはきますが、DA35の2.4は、その場をあっさりと表現してくれる。といったとこでしょうか?

f:id:waai-pentax0702:20150601000515j:plain

PENTAX K-30,smc PENTAX-DA 35mmF2.4AL,1/640sec,f2.4.ISO400

 開放でも写りはキレキレでしっかり解像してくれます。さすが単焦点です。

f:id:waai-pentax0702:20150531235101j:plain

PENTAX K-30,smc PENTAX-DA 35mmF2.4AL,1/1600sec,f2.4,ISO400

 この写真は結構お気に入りです。PENTAXは、「緑色などの自然色が綺麗」とよくネットで見かけますが、ホワイトバランスオートだと、正直、不満な写りをするので、マニュアルであわせてます。そうするとPENTAXのレンズはいい絵を出してくれます。何偉そうに言ってるんだ´д` ;

 八剣山は、標高498mと低いので、すぐ頂上まで登れますが、傾斜がきついので短時間で疲れます。ただ低いなりにも、かなりの景色が見れます。

f:id:waai-pentax0702:20150601002325j:plain

PENTAX K-30,smc PENTAX-DA 35mmF2.4AL,1/1000sec,f5.6,ISO400

 頂上は断崖絶壁で、おそらく足を踏み外して転んだら、死にます( ;´Д`)

 ただ、街や山、田舎の風景、全てを見ることができます。

f:id:waai-pentax0702:20150531235121j:plain

PENTAX K-30,smc PENTAX-DA 35mmF2.4AL,1/800sec,f4.0,ISO400 題.北海道になりかけた葉

f:id:waai-pentax0702:20150601003248j:plain

PENTAX K-30,smc PENTAX-DA 35mmF2.4AL,1/1600sec,f4.0,ISO400

 結論。PENTAXユーザーは、このレンズを買うべきです(・Д・)ノ たしかに安っぽい見た目で、AFもなかなかうるさいですが、 AFは、ほとんど迷いませんし、精度も良い。しかも写りは最高で安い。そして、使いやすい35mm換算約50mmの画角。これで防滴だと、最高なんですが...ちょっと高くなってもいいから付かないかなー(-。-;

 道外の人はなかなか八剣山に来る機会はないかもしれませんが、ここは、いい山です。紅葉の時期は絶景らしいので、また足を運びたいですね。