WAAIの気のままに...

関西のはしくれで育ち北海道に引っ越した、雪と写真が好きな男とNBロードスターとの日々を書いたブログ

ケーブルスイッチCS-205が必要なのさ...

 どうもです。

 そういえば、K-3Ⅱを見に行きましたが、画面下のRICOHの文字がなくなってましたよ!んー。ユーザーは、「文字なし」じゃなく「PENTAXのロゴ」が欲しかったんじゃないのかなーと、思います。私としては、「RICOH」も昔からの光学系のメーカーですから、「RICOH」の文字でもいいと思うんですが...どうでしょう?

 

話は変わり、今回はケーブルを買ってきました。

 箱は新しいRICOH製ですね。意外と売れてるのかもしれません。

 外観はこんな感じ。早速使ってみましたが、これ、純正だけあって、感触がなかなかいい。シャッターボタンを押さずにシャッターを切ることができるのは、なんか興奮しました。

 で、なんで今回このケーブルを買ったかというと、テンポよく撮影したいからです。以前、風景撮影や夜景撮影のために買おうと考えたことがあるのですが、PENTAXには便利な2秒タイマーがあり、ミラーをあげてから2秒後に撮影してくれるので、ケーブルは必要ないと断念。しかし今回は、ブレが許されないと指令があり、かつ、テンポがいる人物撮影なので、三脚にすえて、2秒タイマーだとテンポが悪いので、購入に踏み切りました。すぐにまた撮影があるので、試すのが楽しみです。

 

 ちなみにK-30は、右につけます。

 そして、驚いたのが実はこのケーブルはmade in japan...PENTAXとしてはレアな製品ですねー(^◇^;)

 と、写真を貼ってみたんですが、今回は画質を劣化させない作戦の試験でGoogle+経由で貼ってみました。どうでしょう?とりあえず、もっといろいろ試してみます。